西原良三さんのくじの楽しみ方

季節ごとに出たり、様々な種類があるのが宝くじです。誰もが、「宝くじが当たったらなぁ」とは一度は考えます。
西原良三さんはそんな宝くじを定期的に買っています。けれど一攫千金を目的にして宝くじを買っているわけではありません。 西原良三さんはそれ以外で宝くじを楽しんでいます。

西原良三さんが宝くじを買う理由の一番は、当たった時のことを考えるのが楽しいということです。 1等が当たれば車を買おうか、ヨーロッパに旅行に行こうかと考えます。 4等や5等ならちょっといいところに食事をしに行く、前から欲しかった洋服を買おうかなど考えるのが好きです。
宝くじを買ったからこそ、可能性はある。そうやって当たった後の使い道を考えるのが西原良三さんは好きです。

もう1つは宝くじ売り場めぐりです。西原良三さんはよく当たりが出るといわれる宝くじ売り場を様々巡っています。 散歩に目的をもたせるように、色んな売り場を巡っています。
売り場をめぐりつつ、その近くの美味しいランチを食べたり周りを散歩します。 通常の散歩よりも目的と達成感があるのため、西原良三さんは宝くじ売り場めぐりを楽しんでいます。

西原良三さんは宝くじを買う枚数は多くはありません。1枚から10枚くらいをその時の気分で買います。 宝くじに全てを賭けているわけではなく、宝くじを買いに行くことや当たった時のことを考えて楽しむのがメインです。
宝くじは買っても当たらないかもしれない。けれど買わないと当たらないという考えも西原良三さんにはあります。

宝くじを買うようになってから、西原良三さんの生活はメリハリがあります。宝くじを買った後はうきうきで、当選番号が出る前はドキドキです。 例え当たらなくても、そういった気持ちになって楽しめることも宝くじのいいところだと思っています。

毎日にちょっとした楽しみや刺激を与えるために、趣味の一環として宝くじを買う。西原良三さんの宝くじの楽しみ方は、実に楽しそうです。 そういう宝くじの楽しみ方もあるのだと、感心します。